HMBマッスルプレスで目指すは長谷川穂積のような細マッチョ!

HMBマッスルプレスを飲んでマッチョになったメンズの画像
HMBマッスルプレス 総合評価
HMBマッスルプレス
9.7
細マッチョ効率 9.8 /10
トレーニングとの相性 9.5 /10
口コミ・評判 9.8 /10

高負荷トレーニングとの組み合わせがベスト! HMBマッスルプレス

吉川トレーナー
HMBサプリメントは最近インターネットを中心に多くのメーカーから販売されており、国内外の大手サプリメントメーカーからも販売されています。
今回ご紹介するHMBマッスルプレスについて詳細をご説明する前に、まずHMBとはどのようなサプリメントなのかについて解説します。

HMBサプリって一体なんだ!?

HMBとは、BCAAに配合される必須アミノ酸であるロイシンの代謝産物で、正式名称を「β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸」といいます。

これだけでは何のことかよくわかりませんが、要するに摂取されたロイシンが体に吸収されている過程で最終的にHMBに変化していくということであり、摂取されたロイシンの約5%ほどがHMBとなり吸収されます。

したがって、摂取されたロイシンのほとんどは吸収されずに体外に排出されてしまうということになります。
そこで、HMBを効率的に摂取できるように作られたのがHMBサプリであり、HMBマッスルプレスもその1つです。

HMBマッスルプレスの特徴は圧倒的なHMB配合量!

多くのHMBサプリメントがある中で、HMBマッスルプレスはどのような特徴を持つのかというと、そのHMBの配合量にあります。
一般的に販売されているHMBサプリメントは、その配合量が少なく、摂取してもあまり効果がないのではないかと思われるような商品がたくさんあります。

HMBマッスルプレスは、1日6錠の摂取で4500㎎、つまり4.5gのHMBが摂取可能です。
一般的にHMBの推奨摂取量は3gほどとされていますので、それよりも多い量ということになりますが、配合が多いに越したことはないですし、これだけの量を摂取しても特に副作用をもたらすということもありません。

また、他社製品はHMB以外の成分を複数配合し、一体何がメインなのかがわかりにくくなっています。
あれこれと成分が配合されており、肝心のHMBの量は少ないとなると、HMBの効果を感じる事は難しくなります。

HMBの効果については後ほど解説しますが、HMBサプリメントですので、当然ですがHMBがしっかり摂取できないと無意味です。
そういった意味で、HMBマッスルプレスはシンプルで分かりやすいサプリメントといえます。

HMBマッスルプレスの効果

では、HMBマッスルプレスを摂取することでどのような効果が期待できるのでしょうか。

HMBは筋肉に良い、というのは何となく知っているけれど、具体的にどのようなメカニズムで筋肉に良いのか、はっきりわかっていない人が多いのが現状です。
HMBには、筋肉の合成を促進する効果、分解を抑制する効果、そして筋肉疲労を軽減する効果が期待できます。

筋肉の合成促進効果

まず、筋肉の合成促進効果について説明します。
筋肉は筋力トレーニングなどの運動により刺激を受け、その後回復するという流れの中で成長していきます。

HMBは、トレーニングで筋肉を鍛えた状態で摂取することで、筋肉の成長を促します。
HMBを摂取することで、mTOR(エムトア)という神経伝達物質が刺激されます。
それにより、筋肉の合成が高まるというわけです。

しかし、あくまでHMBマッスルプレスは、摂取することで「筋肉を作れ」という信号を出すだけですので、その際に材料となるタンパク質がなかったり、そもそも筋肉を運動で刺激していなければ意味がありません。

HMBマッスルプレスに限ったことではなく、HMBは摂取しただけでは筋肉が付くということはないので、その点は十分に注意してください。

分解抑制効果

次に挙げられるHMBマッスルプレスの効果である筋肉の分解抑制効果は、筋肉の分解を促進するユビキチンプロテアソームという物質の働きを抑制することで引き起こされます。
筋肉はアミノ酸から構成されていますが、エネルギーが不足すると筋肉をアミノ酸に分解して、それをエネルギーにしてしまいます。

HMBマッスルプレスの摂取によりこれを食い止めることができ、鍛えた筋肉を守ることができるというわけです。

筋肉の疲労軽減効果

もう1つのHMBマッスルプレスの効果としては、筋肉の疲労軽減効果が期待できます。
筋肉はトレーニングなどで刺激を加えることにより疲労を感じ、それにより筋肉痛を感じたり、翌日に重さ、だるさを感じることがあります。

HMBの摂取によりこの疲労を抑制し、回復を促進する効果が期待できますので、翌日のトレーニングへの影響を最大限に抑えることが出来ます。

HMBマッスルプレスの飲むタイミングと効率を重視した使用方法

HMBマッスルプレスのオススメの摂取タイミングについては、3~4時間おきに摂取するということをおすすめします。
HMBの血中濃度を高く保つためには、1度にすべて摂取するよりも、細かく分けて飲むことをおすすめします。

トレーニングを行う日であれば、その前後のどちらかのタイミングで摂取することをおすすめします。
上記で解説したように、HMBマッスルプレスには筋肉の合成促進および分解抑制効果があるので、筋トレ前に飲めば筋肉の分解を抑制できますし、筋トレ後に飲めば筋肉の合成を促進できます。

筋トレ後に飲む場合には、クレアチンやプロテインと一緒に摂取することがオススメです。

HMBマッスルプレスで長谷川穂積のような細マッチョになれるのか!?

世界3階級王者「長谷川穂積」さんのような美しい細マッチョボディになるにはHMBマッスルプレスを飲みながらどのようなトレーニングをした方が良いのかについて説明させていただきます。

HMBマッスルプレスは、ボクシング元正解3階級王者の長谷川穂積さんをイメージキャラクターとして起用しています。

現役を退いても引き締まった体型を維持している長谷川さんですが、あのような体型になるにはHMBマッスルプレスをどのように活用してトレーニングを行うべきなのでしょうか。

まず、長谷川さんのインタビューの中で、引退後はウェイトトレーニングを行う回数が増えたとのコメントがありました。
現役時代は体重制限があったのであまり筋肉を付けることが出来なかったですが、現在はどれだけ大きい筋肉を付けても問題ないので、重量を扱ったトレーニングを行うことがまずは大事だということが言えます。

筋肉を大きくするには、なるべく高い負荷を筋肉に与える必要があります。
パワーには個人差がありますので、まずは回数が10回が限界となるような重量を扱う様にしましょう。

そして、10回を扱えるようになったら扱う重量を上げていくという方法をとりましょう。

例えば、ベンチプレスの重量をメインセットで60kgで行っており、この重量で10回できるようになれば65kgなり70kgにレベルアップするという流れです。
トレーニングでしっかり筋肉を追い込んだらHMBマッスルプレスを飲んで筋肉の回復と合成を促しましょう。

高重量を扱う筋トレを行う時には、毎日行う必要はありません。
筋肉を大きくするには、回復をしっかり行うというのも大事です。

筋肉は刺激を与えてしっかり休めることにより大きくなっていきます。
基本的には、大胸筋や広背筋などの大きな筋肉の場合は週に1回ほどのペースで筋トレすれば大丈夫です。

また、筋トレをしない時でもHMBマッスルプレスはしっかり摂取しましょう。
休んでいる時でも筋肉は回復と合成を繰り返していますので、日々摂取するということは忘れないでください。

まとめ

吉川トレーナー
以上、HMBマッスルプレスについて解説してきました。
HMBマッスルプレスは他のHMBサプリメントと比較するとコンセプトが明確で、どの商品を選んだら良いかわからないという人には非常におすすめです。

まずは筋トレをしっかり行うこと、タンパク質をはじめとする栄養素をしっかり摂取することを大事にしましょう。
その上でHMBマッスルプレスを摂取することで、より高い効果を実感することが出来ます。
是非試してみてください。

マッスル定期プログラムでお得に購入すべし!

HMBマッスルプレスは、楽天やamazonではなくMONOVOという公式通販サイトから購入することによって、その価格を細マッチョなスリムな価格にすることができます。

通常価格6700円が、毎回1750円も削ぎ落とされた4950円となるのです。
代引き手数料も無料です。

しかも定期プログラムなのにいつでも解約が可能です。
定期継続3回目にはオリジナルタオルをプレゼントしてもらえるので、3回は継続すると良いですよ!

詳細は下記の画像をクリックしてMONOVOでお確かめください。

▼▼HMBマッスルプレス公式通販サイトへ▼▼
HMBマッスルプレス 購入ページへ

HMBマッスルプレス 記事執筆者情報

HMBマッスルプレスについて執筆した細マッチョ編集部員の吉川トレーナー

細マッチョ編集部員 HMBマッスルプレス 監修者の吉川トレーナーの画像

筋肉・筋トレに対して興味を持ち始めたのは、大学に入学したタイミングでした。
もともと食欲が凄く、特に炭水化物が好きなこともあって、大学受験中に信じられないくらいに太ってしまい、ダイエットを決意したのが筋トレとの出会いです。
それ以前も太っては過度な食事制限をして体重を落とし、またリバウンドをしての繰り返しで、正しいダイエットというものを理解できずにいました。
そんな中で、インターネットで「食べても太らない方法」と調べたところ、筋肉を付けると代謝がアップして太りにくくなるという情報を得たことから、大学のジムに通い始めました。
肥満体型から細マッチョへは、3ヶ月ほどで達成できました。
今は毎日ハードな筋トレを続けています。
クリーンにバルクアップを行い、来年のフィジークの大会に出場することを目標に筋活中です。

細マッチョブログのLINE友だち募集中!

細マッチョ編集部LINEの「友だち追加」もお願いします。
無駄なものを省いた筋肉質な情報をお届けします!

例えば、筋活中の方の士気が上がるような効率的な筋トレ情報を配信します。
HMBサプリや加圧インナーのセール情報なども積極的に配信します。

最新の筋力アップアイテムの情報配信の他、それらを無料で試せるモニター募集もLINEを通して行います。
友だち追加お願いします↓↓↓

細マッチョブログのLINE友だち追加ページへ

LINEだけでしか配信しない情報もあります☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です