細マッチョになりたい方必見!金剛筋シャツと金剛筋HMBサプリを併用して行いたいトレーニング!

細マッチョ会社員のイメージ画像
金剛筋シャツ×金剛筋HMB×トレーニング 総合評価
金剛筋シャツ×金剛筋HMB×トレーニング
9.8
予想達成率 9.6 /10
細マッチョ効率 10.0 /10
マッスル効率 10.0 /10
口コミ 9.6 /10

金剛筋シャツと金剛筋HMBで細マッチョへ!

金剛トレーナー
女性はもちろんのこと、男性も男らしい体形がいいですよね。
芸能人でもテレビでは細く見えても、芸能界は体力のいる仕事ですから、体を鍛えている俳優さんも結構います。

筋肉ムキムキになるためには、きっちりしたトレーニングが必要ですが、細マッチョや良い体形になるのであれば、切り詰めたトレーニング方法をしなくても、やり方やアイテム、サプリメントで十分可能です。

そこで今回は、いま巷で話題の金剛筋シャツと金剛筋HMBサプリの効果について、実際に私が両方を使用した結果を解説していきたいと思います。

金剛筋シャツはすごい!

金剛筋シャツの伸縮性が良くわかる画像
まず、金剛筋シャツですが、いわゆる加圧シャツです。
私も筋トレを始めたころに加圧シャツを使用したことがありますが、この金剛筋シャツを着用した感じは、昔の加圧シャツと比べて、こんなに締めつけがしっかりしていたかなという印象です。

金剛筋シャツのサイトで少し調べましたが、やはり繊維技術も進化しており、伸縮性も他社製品よりも優れているようで、体へのフィット感と締めつけ感は抜群です。

金剛筋シャツは筋トレに効果がありますが、日頃から正しい姿勢を保つという観点からも日常生活で下着代わりに使用しても良いアイテムです。
筋トレを始める前から、効果がありそうな雰囲気でした。

金剛筋シャツで細マッチョになる方法!マッチョが教えるオススメの使い方!

2018.07.13

金剛筋シャツの使用方法

先ほどもお話ししたように、下着着代わりとして使用することが望ましいので、日中も寝ているときもトレーニングしているときも着用している方が効果的です。
ただ、寝ているときはゆったり寝たいという人は、寝るときだけは着用しないようにすればよいと思います。

また、日々の洗濯やトレーニングで汗をかいた後など、着替える頻度が多いと思いますので、2着以上は準備したいところです。
今回は検証という目的でしたが、私は汗かきですので3着を購入してみました。

毎日の着用だと傷みが激しいので、より多く持っていた方が長く使えるのは間違いありません。
そのあたりはご自身の生活環境に合わせて購入するとよいと思います。

ちなみに、この金剛筋シャツは某有名芸人さんが着用してトレーニングしていることで、ご存知の方もおられるかもせれませんね。

金剛筋HMBサプリとは?

筋肉量をアップさせることをビルドアップと言いますが、そのビルドアップに欠かせないサプリメントといえばプロテインです。
このビルドアップを援助するサプリメント系のもので、いま絶大の効果があると言われているのが、金剛筋HMBサプリなのです。

金剛筋HMBの画像

この金剛筋HMBという名前、金剛筋という言葉は強い筋肉を作るイメージということはわかりますが、HMBというのは何でしょうか。
内容が分からずに摂取するのは嫌な人もいると思いますので、簡単に解説しておきます。

HMBは、(H)3ハイドロキシ、(M)3メチル、(B)酪酸で、3ハイドロキシ3メチル酪酸の略で、体に必要な成分の一つです。
HMBは、必須アミノ酸(9種類)のひとつであるロイシンからわずかに摂れる成分で、筋肉を作ったり、守ったりするのに必要な成分です。

HMBはプロテインからも摂取は出来るのですが、トレーニング的、身体的にはもう少し摂りたいところなのです。
そこで、金剛筋HMBサプリでHMBを直接摂取することで、筋トレと筋肉のさらなる向上と維持が図れるということなのです。

金剛筋HMBの飲み方

まず、金剛筋HMBは、1日に9粒の摂取が必要です。
9粒といっても一粒は小さめなので、飲みにくい感じはありません。
9粒いっぺんに摂取するのは大変なので、2~3粒ずつ数回に分けて摂取すれば飲みにくくないと思います。

しかし、分けて摂取したとしても、トレーニングの観点から考えると、9粒を1回で摂取するのはオススメしません。
ボディビルダーのような筋肉を目指している人は別ですが、このサイトを愛読していただいている人は、ちょっと筋肉質な体型になりたいのであって、筋肉ムキムキになりたいわけではないと思います。
なので、3粒を朝昼夜に分けて9粒がオススメです。

これにはちゃんとした理由があります。
筋肉は常に動いていますから、起きているときはもちろんのこと、寝ているときも働いていて、エネルギーに分解されます。
金剛筋HMBは、その筋肉の生成と減少を手助けしてくれる働きがあります。

一度に9粒を摂取すると、その時は効果がありますが、持続ができません。
ですので、効果は少ないけれど一日中持続させるという観点から考えて、朝昼夜で各3粒を摂取するようにする方が効果的ということです。

それともうひとつ。
トレーニングをする日は、すこし摂取する時間を変えた方が、より効果的と思います。

トレーニング日は筋肉を作る日ですので、筋肉の手助けをしてくれる金剛筋HMBを飲まないのはもったいないですよね。
ですので、トレーニングを始める15分前とトレーニングが終わってから30分後に各3粒を摂取しましょう。

トレーニングの前後に摂取する場合、1日9粒のうち6粒を使用しますから、トレーニングの前後以外に3粒を1度摂取すればOKです。

例えば、午前中にトレーニングをするのであれば、残りの1回は、夕食後に摂取するのが効果的です。
午後にトレーニングをするのであれば、朝食後とトレーニングの前後というように、トレーニングを開始する時間と終了の時間を考慮して、残りの1回を摂取すると効果アップです。

プロテインとの併用はいいの?

金剛筋HMBとプロテインの併用は、もちろんかまいません。
といいますか、併用をオススメします。

金剛筋HMBはプロテインの吸収を助けますし、プロテインから摂れるHMB量を補えます。
副作用なども一切報告されていませんから、安心して併用してください。

すでにプロテインを摂取している人は、今まで通りの時間、量などは変えずに使用し、金剛筋HMBを飲む粒数とトレーニング時間を考慮して摂取すれば完璧です。
今まで以上の効果が発揮されると思います。

金剛筋シャツ×金剛筋HMBを併用したトレーニング

金剛筋シャツ×金剛筋HMBトレーニング1週間目

金剛筋シャツを着用しているので、それだけで体には負荷がかかっている状態ですから、ダンベルや器具を使ってのトレーニングでは、重さを15%程度抑えて行います。
最初の1週間は、HMBよりも金剛筋シャツの締めつけ効果を実感できます。

金剛筋シャツ×金剛筋HMBトレーニング2週間目

きつめのトレーニングを毎日している人であれば、次の週は5%戻して、いつもより10%程度落としてトレーニングしても良いですが、みなさんは週に数回、もしくは強めのトレーニングではないかと思います。
2週間目も1週間目と同じ負荷でトレーニングします。

金剛筋シャツ×金剛筋HMBトレーニング3週間目

3週間目からは、少し(5%)ずつ負荷を上げていきます。
5%ずつ負荷を上げますが、まだ体が順応できていませんから、今までの最高負荷よりも上げないでください。
トレーニング量の少ない人でも、筋肉量が増え、締まってくるので、この辺りから体の変化を実感できると思います。

金剛筋シャツ×金剛筋HMBトレーニング4週間目

4週間目も3週間目と同じ負荷で行います。
この時に最高負荷(金剛筋シャツと金剛筋HMBを試す前の負荷)で行っている人でも、最高負荷を上回ってはいけません。
焦らないことです。

金剛筋シャツ×金剛筋HMBトレーニング5週目(2か月目)

2か月目からはGOです。
筋肉量を上げたい人は、しっかりと管理したトレーニングのもと、負荷を上げていきましょう。
今までよりも更なる効果が期待できます。

金剛筋シャツ×金剛筋HMB まとめ

金剛トレーナー
金剛筋シャツや金剛筋HMBを使用したからといって、急激に筋肉量がアップすることはないので、過度なトレーニングは禁物です。
何より金剛筋HMBの効果が薄いと感じてしまって、摂取することをやめてしまったり、多く摂取したりしてしまうと、体や筋肉、トレーニングの妨げになります。

始めは軽めの筋トレから入って、少しずつ重さをあげたり、回数を増やしたりして負荷を上げていってください。
これを1か月続ければ、1か月前のあなたとは見違えるような体つきになっていること間違いなしです。

どちらも継続して使用しなければ意味がありません
金剛筋シャツも金剛筋HMBも使用すれば確かな効果の期待できる筋力アップサポート商品ということが分かりました。

しかし、途中で筋トレをやめたり、サプリを摂取することをやめたりすると効果は期待できません。
筋トレもサプリメントも継続して摂取するからこそ、体がその流れに対応していくのです。
私もみなさんとともに、活気ある身体作りを目指していきます。

金剛筋シャツと金剛筋HMBサプリを併用して行いたいトレーニング 記事執筆者情報

金剛筋シャツと金剛筋HMBサプリを併用して行いたいトレーニングの記事監修を行った細マッチョ編集部員金剛トレーナーの画像

体育学部体育学科出身で、学生のころはバスケに励んでいました。
当然、厳しい環境で戦うためには筋力が必要で、トレーニング専門のコーチに効果的なトレーニング方法を学びながら日々鍛えておりました。
バスケも頑張っていましたが、筋力をつけるにつれて自分より体の大きいプレーヤーとの接触に強くなったり、今まで重く感じていたものが、以前より楽に持てるようになったりしていく中で、筋力トレーニングにものめりこみ、ベンチプレスはマックス130kgまで到達。
「バスケをする体じゃない」と、よく笑われたものです。
社会人になってからも近くのトレーニングジムに通い、筋力が衰えない程度にトレーニングを続けています。

細マッチョブログのLINE友だち募集中!

細マッチョ編集部LINEの「友だち追加」もお願いします。
無駄なものを省いた筋肉質な情報をお届けします!

例えば、筋活中の方の士気が上がるような効率的な筋トレ情報を配信します。
HMBサプリや加圧インナーのセール情報なども積極的に配信します。

最新の筋力アップアイテムの情報配信の他、それらを無料で試せるモニター募集もLINEを通して行います。
友だち追加お願いします↓↓↓

細マッチョブログのLINE友だち追加ページへ

LINEだけでしか配信しない情報もあります☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です